フリーランスの時間管理のコツ

フリーランスエンジニアは就業規則に従った時間拘束を受けないため、自分でスケジュールを立てて働く必要がある。時間管理の仕方によって、独立してから成功したという実感が得られるかどうかが左右されることは多いので、気を付けた方が良い。適切な時間管理とは何かを予め考え、計画的に仕事をした方が良いだろう。長時間労働になってしまって辛くなる人もいれば、仕事をあまり獲得できず収入が減って悩む人もいる。あるいは仕事を請け負ったのは良いものの、想定していたように仕事を進められなくて苦しむ人も多い。

独立して働きたいと考えたときに掲げる目的は人によって異なるが、その目的に沿った形で適切な時間管理をしなければ、辛い思いをすることになる。ワークライフバランスを重視したいと考えているなら、仕事の時間とプライベートの時間を予め分けておくに越したことはない。また、委託案件を増やして現場で正社員と一緒に働く形にした方が、メリハリがある生活を送れるようになる。

一方、スキルアップや収入を重視したいと考えて独立した人の場合、どこまで時間を仕事に費やせるかを決めておくのが肝心だ。体力面や家族との付き合いなども考慮して限度を定めておき、その範囲内に収まるように仕事を請け負っていくと、苦しいところまで働かずに済む。上手にワークライフバランスを整えながらスキルアップを行えるのが理想的だが、慣れるまでは苦労も多いのは確かだろう。その負担を軽減するには、フリーランスを始める時点で時間管理の計画を立てておくのが大事だろう。